Jean-Michel Pilc Workshop

Jean-Michel Pilcのワークショップは終始インプロビゼーションの話が中心でした。単にジャズピアニストとしてではなくインプロバイザーとして彼は音楽を感じ、その瞬間瞬間の音楽を想像します。ハーモニーであってもアドリブのラインであっても決して予め用意するのではなく、その瞬間に自然に生まれる音楽を探します。過去のジャズレジェンドの演奏にとらわれるとこなく、またコードネームや音楽の理論にとらわれることもなく、その場でしかできないものを想像するのがインプロビゼーションです。「僕の指の方が僕より音楽を知っているよ」という彼の言葉が全てを物語っています。
しかし、彼はストレートアヘッドなジャズを無視しているわけでは決してありません。ハーモニーのアイデアをアートテータムから学び、スタンダード曲ボディーアンドソウルのテーマを2週間かけて練習する姿勢はまさにトラディショナルです。伝統から吸収し、それを土台にジャズをさらに前に一歩押し進める、これが彼の音楽と言えるでしょう。
その「瞬間」に想像するインプロビゼーションのコンセプトはマイルスデイビス他数々のジャズの音楽家たちに受け継がれてきました。
そのコンセプトを「今のミュージシャン」を通して体験できる、ワークショップは本当に貴重な経験を与えてくれます!

Leave a Reply

Jean-Michel Pilc Workshop

Another magnificent workshop was held by wonderful pianist, Jean-Michel Pilc. Mr.Pilc explained, demonstrated his ideas in music from the firm standpoint as an “improviser”. He sat on the piano, and just let fingers wander as his artistic intuition directs them, sometimes a fragment of jazz standards immerse or on other occasions, he stays in pure improvisation. Everything was created in that moment. This direct quote from Mr.Pilc, summarizes most of Mr.Pilc’s music, “Sometimes my fingers know better than I do” He also went on to explain that this concept of pure improvisation does not neglect what has been played in the past Jazz tradition such as Be-Bop. He absorbs every aspects in the tradition and go beyond them. The concept of improvisation. creating music in “the moment” we inherit from Miles Davies and many other Jazz legends, and to be able to witness and learn it from the musician of “now”, It is a treasure!!

Leave a Reply