Blogs

Yaron Hermanワークショップ

Yaron Hermanが今回のワークショップで参加者に語りかけてくれたことは彼自身のことだったかもしれません。
それを非常に深いレベルで示してくれました。
自分自身に対して正直でオープンであること、そして演奏する音楽と一つ一つの音にいかに自分が深く繋がっていられるか。これが音楽で何より大切なことです。
彼の言葉で一番印象的だったのは、音楽は人が自分の深い心の奥にもっていて、あまりに個人的なので人にも決して言うことのできないような部分、これ全てが音楽を創造する時の材料になるんだ、という言葉です。
ワークショップでは、演奏の新しいテクニックに出会える時もあるでしょう、アンサンブルとしての演奏で新しい感じ方も学べるかもしれません。または、知らなかったアドリブのアプローチも学べるかもしれません。これら全てはとても貴重なものです。
しかし、音楽は人の心の中から始まります。心の中というのはその人本人すらまだよく知らないような部分ですし、一生その深い部分はわからないのかもしれませんが、音楽がそこから来ているということを自覚するだけで、その音楽家は大きな進歩をすでにとげているのではないでしょうか。
このような音楽の非常に深い部分をYaronは教えてくれました。

Yaron Herman Workshop

The pianist Yaron Herman showed himself deep at the workshop.
To be true to yourself and be open and honest in your expression, he stressed the
Importance of being connected to the music and every note you play.
The strongest statement of his was that everything you have inside, including the things so personal that you can never even tell people about, are the true materials of art.
In the workshops sometimes we get new information about new musical technique, new insight about an ensemble playing,  or new approach to the improvisation. They are all precious and they all give people a fresh motivation. However all the art start inside of us. Inside so deep that we don’t even get to know yet.
No matter how foreign it is to us, by realizing the art comes from there, we will progress by a huge step.
Mr.Herman demonstrated with the most kind heart in this particular workshop and for sure the participants learned about music in a very deep level.

Jean-Michel Pilc Workshop

Jean-Michel Pilcのワークショップは終始インプロビゼーションの話が中心でした。単にジャズピアニストとしてではなくインプロバイザーとして彼は音楽を感じ、その瞬間瞬間の音楽を想像します。ハーモニーであってもアドリブのラインであっても決して予め用意するのではなく、その瞬間に自然に生まれる音楽を探します。過去のジャズレジェンドの演奏にとらわれるとこなく、またコードネームや音楽の理論にとらわれることもなく、その場でしかできないものを想像するのがインプロビゼーションです。「僕の指の方が僕より音楽を知っているよ」という彼の言葉が全てを物語っています。
しかし、彼はストレートアヘッドなジャズを無視しているわけでは決してありません。ハーモニーのアイデアをアートテータムから学び、スタンダード曲ボディーアンドソウルのテーマを2週間かけて練習する姿勢はまさにトラディショナルです。伝統から吸収し、それを土台にジャズをさらに前に一歩押し進める、これが彼の音楽と言えるでしょう。
その「瞬間」に想像するインプロビゼーションのコンセプトはマイルスデイビス他数々のジャズの音楽家たちに受け継がれてきました。
そのコンセプトを「今のミュージシャン」を通して体験できる、ワークショップは本当に貴重な経験を与えてくれます!

Jean-Michel Pilc Workshop

Another magnificent workshop was held by wonderful pianist, Jean-Michel Pilc. Mr.Pilc explained, demonstrated his ideas in music from the firm standpoint as an “improviser”. He sat on the piano, and just let fingers wander as his artistic intuition directs them, sometimes a fragment of jazz standards immerse or on other occasions, he stays in pure improvisation. Everything was created in that moment. This direct quote from Mr.Pilc, summarizes most of Mr.Pilc’s music, “Sometimes my fingers know better than I do” He also went on to explain that this concept of pure improvisation does not neglect what has been played in the past Jazz tradition such as Be-Bop. He absorbs every aspects in the tradition and go beyond them. The concept of improvisation. creating music in “the moment” we inherit from Miles Davies and many other Jazz legends, and to be able to witness and learn it from the musician of “now”, It is a treasure!!

Jonathan Barber Trio Workshop

 今回のJonathan Barber, Taber Gable, Joshua Crumblyのワークショップではとても広い範囲の質問と会話が交わされました。
スタンダードのMy Shinning Hourから始まったワークショップは、この3人の素晴らしいミュージシャンの今までの音楽経験に関する質問や、練習に関する質問、そして現代社会でのアートのあり方に至るまで非常に範囲の広い質問とそれにまつわる意見が話されました。
しかし、どの質問であっても3人が終始基盤としていたのは、音楽をその時に創れるということが感謝すべきことであること、また、信頼できる仲間と音楽をつくることがいかにパワフルであるかということです。
ライブハウスで演奏する時に、たとえお客さんが5人であったとしたら、見方によってはそれはお客さんが少なくて恥ずかしいことともとれます。しかし、別な見方をすれば、その5人のお客さんはその場でしか体験できないその時の音楽をシェアしてくれる、今日そこに来るべくして来た5人である。このメッセージは、音楽ファン、また音楽を志す全ての人にとってとても力強いメッセージでした。
参加してくださった全てのリスナー、ミュージシャンにとって今日のワークショップは確実にモーティベーションを活性化させてくれたことでしょう!!

Jonathan Barber Trio Workshop

It was another great clinic supported by Artist Green, this time with Mr. Jonathan Barber, Taber Gable, Joshua Crumbly.
The trio started with a standard piece, “My Shinning Hour” with a beautiful interpretation and creative subtlety.
Then followed a numerous of questions from the participants. The questions ranged from those artist’s personal musical experience, aspects in instrumental practice and to how the music (art) should be in the present society.
Those three wonderful musicians listened to every questions with great care and honesty, giving back an insightful answer and advise. This exchange of ideas about music, art and life surely motivated each one of the participants today.
This statement from this trio today pretty much summarize the clinic:
“Don’t let anyone stop you from persistent NG your dreams. The appreciation of the fact you are able to create music is worth be younf anything”

Daniel Freedman Workshop

このワークショップでは、とても深いデモンストレーションがあったと思います。
ドラムのチューニングの話からリズムの話になり、レゲエのグループが元々はスイングに近いリズムだという話しをしながら、自然と曲が始まり、レゲエのセッションが始まります。
参加してくれた方からドラムとピアノのアンサンブルの質問がでると、Daniel Freedman とNir Felderがお互いのコンピングを意識しながらブルースが始まり、ベースのTal Mashichの素晴らしいサポートの中、ブルースがどんどん発展していきます。
ワークショップでは時々参加者が一緒に演奏することもあります。それも素晴らしい体験だた思います。ですが、今回のように、アーティストが話してくれる内容が、その場で実際の演奏で形になっていくのを目の当たりにする、これも、ワークショップの大切さであり、また醍醐味であるはずです!
ワークショップに立ち寄ってくれた私の信頼するギタリストの荻原亮や他の参加者の方の声も是非お聞きください!
ユキ・アリマサ

Daniel Freedman Trio Workshop

The significance of this particular workshop was the depth in which this trio demonstrated the aspects of music dealt with in the workshop.
Daniel Freedman started with the specifics of the drum tuning then moved onto the stylistic feature of the music and groove, pulled an example of Ragae music, explained how closely its originated to the swing groove. Then the trio played the Ragae, really played,  not just for the purpose of showing it as an example but really played. Then to answer the question from the participants regarding to the piano comping and the drum comping on the snare, Nir Felder, Tal Mashiach together with Daniel Freedman created a beautiful blues piece on the spot.
This is the whole point of the workshop, not just receiving the verbal explanation of some aspects in music but witnessing those  aspects being materialized in the improvised music format in real time!!
Please check out what Guitarist Ryo Ogihara, one of my best musical colleague, and other participants say to
this workshop!
Yuki Arimasa

2017前半 ワークショップのお知らせ

今年前半のワークショップ予定のラインアップをご紹介します。ツアー日程などで変更もあるかもしれませんが、素晴らしいミュージシャンたちがあがってきています。

4月

Daniel Freedman(drums)

Nir Felder(guitar)

Tal Mashiach(bass)

Nir Felderの入ったギタートリオ

素晴らしい日本人ギタリスト荻原亮も遊びにきてくれるかもしれません。日米ギター談義が聞けるかも、、近々FBイベントとして告知しますので詳細をご確認ください!

5月

Jonathan Barber(ds)

Taber Gable(p)

Joshua Crumbly(bass)

今NYのジャズシーンで最も若手、全員20代のミュージシャンです。今現在の若いNYアーティストの声が聞けることでしょう!

6月

Jean-Michel Pilc (piano)

とても強力なアーティストのワークショップが2つです。1つ目はJean-Michel Pilc、NYで一度お会いしたことがありますが、この人のハーモニーは底なしです!!

Jeff Ballard (ds)

Chris Cheek (Sax)

そして、もう1つはJeff BallardとChris Cheek、Chrisは学生の頃から知っていますがもうその時点で既に素晴らしかった!そしてBrad Mehldau Trioで長年活躍したとてつもないドラマーJeff Ballard

7月以降にはイスラエルの超絶なピアニスト、Yaron Hermanも予定されています。詳細はまた個別に掲載していきます。

ワークショップで、アーティストの生の風を感じてください!

ユキ・アリマサ

Workshop Schedule- 1st Half of 2017

A sneak preview of the upcoming workshop events for the 1st half of 2017!

Though some minor schedule change might occur, we will be loaded by great lineup of hot artists this year!!

April

Daniel Freedman(drums)

Nir Felder(guitar)

Tal Mashiach(bass)

The guitar trio led by the drummer, Daniel Freeman with guitarist, Nir Felder. A great Japanese guitarist Ryo Ogihara may come by to have a guitar talk with Nir. We will soon post the details of this workshop.

May

Jonathan Barber(ds)

Taber Gable(p)

Joshua Crumbly(bass)

The talented young artists in their 20s will be conducting a workshop. Their fresh view to Jazz music and NY Jazz scene will make this workshop super inspiring. Let’s join the band wagon!!

June

Jean-Michel Pilc

Jeff Ballard and Chris Cheek

We are glad to announce that there will be 2 workshops both with superb artists in the month of June.

Jean-Michel Pilc, an extraordinary pianist, whose creativity is certainly the one and only! The pianists in any musical genre, Jazz, Classical or anyone interested in piano, harmony and improvisation are welcomed!!

The other workshop will be yet with other phenomenal artists, Jeff Ballard, Chris Cheek, and it won’t even stop there!! After July, incredible French-Israeli pianist, Yaron Herman’s workshop is being scheduled.

We will be posting the detailed info for each event.

Please join us at the workshop and share some music with those unbelievably talented artists!

It will surely be a GOOD YEAR!!

Yuki Arimasa